フリーアナウンサーでアートエバンジェリストの羽田沙織がご案内している名古屋アートサプリウォーク 豊田市美術館編

00nasw_vo2-02-image 今回(2016年4月3日開催)は、ちょうど満開の桜に迎えられ、アート×桜のコラボも楽しみながら、お花見ウォーキングを満喫しました!
00nasw_vo2-03-image 00nasw_vo2-04-image豊田市美術館は、ニューヨーク近代美術館MOMAを手がけたことでも有名な20世紀を代表する建築家 谷口吉生氏によるもので、谷口氏の建築の中でも“超美人建築”との呼び声が高い美術館です。

00nasw_vo2-01-image

まさに、どこから撮ってもフォトジェニック!
館内は、光がたっぷりと差し込む作りになっていて、洗練されて清々しい空間です。
展示室へと向かう階段には、ジョセフ・コスースの壁。
降り注ぐ、世界中の哲学者や思想家の名前を浴びながら、光がいっぱい差し込む展示室へと向かいます。
ダニエル・ビュレンの作品が並ぶお庭では、今回、参加者の皆さんに、SNSに載せたいアートな写真を個々に撮影してもらいました。

00nasw_h01-image

羽田沙織撮影その1

00nasw_h02-image

羽田沙織撮影その2

ツアーの最後には、撮った写真をみんなでシェア♪

参加者Mさんの写真↑ ご自身がアート作品になったような1枚

02nasw_t-image

参加者Tさんの写真↑ 満開の桜を敢えてそのまま撮らず、鏡越しに。

03nasw_a-image

参加者Aさんの写真↑ 敢えて人がいる風景を。

どれもアートな1枚ですね☺︎

肝心の展覧会は、山口啓介展とコレクション展を鑑賞。
コレクション展は、美術館のガイドの方が解説をしてくださいました。

パソコンで印字したかのように正確に日付を刻む絵画、河原温の日付絵画を中心に、現代アートの数々を鑑賞。
05nasw_jc01五感をフル活動で、参加者の皆さんに感じたこと、感じないこと、自由に意見を言い合って頂きました。
鑑賞しながら、
「どうしてこれがアートなの?」
と話していた方も、ツアーの最後には、ちゃんと
「アートって何だろう?」という質問に、ご自身なりの意見をしっかり発言されていました。

企画展の山口啓介展では、山口さんの初期の作品から最新作まで鑑賞し、
最後には、全部で5万個も壁に敷き詰められたカセットプラントの前で記念撮影も。
04nasw_yamaguchi02 04nasw_yamaguchi01 04nasw_yamaguchi03

展覧会の内容はもちろんですが、今回はそれ以上に、美術館という空間自体の心地よさ、身体全体で自然を感じながらアートを見る開放感を、皆さんに感じて頂けたのではないかなと思います。

最後に、今回も、企画展の山口啓介展に合わせて聴きたい1枚を♪

LauraMvula 『Sing To The Moon』

ソウルフルかつ都会的で、大自然の中にいるような開放感もある歌声の持ち主。
自由や許しについて歌っていて、どことなく全体を通して宗教画的な印象がある1枚です♪
エリカバドゥやシャーデー好きな人にはぴったり!
是非、展覧会鑑賞後に合わせて聴いてみてください。

次回の名古屋アートサプリウォークは、5月15日、18日に文化のみちを巡ります♪

担当アートエバンジェリスト 羽田 沙織
ae_hada「伝える」ということを仕事にして10年以上がたちました。
どうしたら人に伝えることができるのか、失敗をしたり、もどかしい思いをしたりしながらも、その都度考えてきました。
そうして今、私が思うことは、“心から好きなことは、必ず伝わる”ということです。
大好きなアートの魅力を、これまでの経験を最大限生かして、たくさんの人と共有することができたらと思います。

フリーアナウンサー羽田沙織と巡る名古屋アートサプリウォーク

お申し込み、お問い合わせは…ヒューマンアカデミー名古屋駅前校 0120-016-455まで